カリフォルニア生まれの猫 マックス

タキシードをお洒落に着崩すちょいワル猫のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
憂鬱の理由
前回の日記で触れた憂鬱の理由を書こうとしたら、思いのほか長くなってしまいました。かなり長文ですので、ご注意くださいませ。当ブログの主人公マックスは最後にちらっと登場します。


年明けの憂鬱の元は以下のとおり。

一、騒音トラブルが再発
二、雨漏りが悪化
三、隣の部屋でボヤ騒ぎ
四、悪評高きマネージャー(大家の代理人)の意地悪を初めてまのあたりに……



まず、1月2日のこと。また騒音のクレームが。でも、下の住人さんがうるさいと訴えてきた(下から棒かなにかで床をドンドンと突いてきた)とき、わたしたちは音を立てるようなことは一切していませんでした。ちなみに棒で突くというのは、前回の話し合いでわたしたちの方からお願いしたこと。騒音を聞いたときにすぐ教えてくれれば、音の原因が特定しやすいだろうということで。

すでにわたしたちは、神経質なくらい音には気をつけるようになっています。それでも、下の階の人はいまだに騒音に悩まされている。もうどうしたらいいものか……。

もうわたしたちだけでは解決できないと判断し、アパートのマネージャーに手紙を書くことにしました。


670manager.jpg

マネージャーとスタッフの力が必要だということを述べ、さらに、わたしたちが独自に検証した結果を2つの理論にまとめました。4ページに渡る長い手紙です。分かりやすいようにところどころに写真も挿入して作りました。とにかく隙のない手紙を書く必要があったんです。

おおざっぱに手紙の内容を紹介します。

[憂鬱の理由]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。