カリフォルニア生まれの猫 マックス

タキシードをお洒落に着崩すちょいワル猫のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アイツの気持ちを受けとめきれなかった・・・
なぜかピンクに好かれていたマックス。ときどき2匹で寄り添って寝る光景もありましたが、マックスにはピンクのお兄さん(お母さん?)役は重すぎたのかな。


1409pink.jpg

傍らで添い寝の準備をするピンクに困惑顔のマックス。



1410.jpg

堪らず逃げるマックス。ぽつんと残されるピンク。





1412usps.jpg



1413.jpg



1414.jpg



1415.jpg



1416.jpg



1417.jpg



1418.jpg
   「行っちゃった・・・」



マックスはピンクの愛情を受けとめきれず、すぐに逃げてしまう弱い男でした(笑) あるいは、ピンクも男子なので、マックス的には「男同士でいちゃついてられるかっ」という気持ちだったのかもしれません。


にほんブログ村 猫ブログへ


ピンクにはもう里親が見つかって、新しい生活が始まっています。ピンクがいた頃に撮った写真はほぼ出し尽くしましたが、まだいくつかあります。もったいないので、あと数回ピンク関連の日記をアップする予定です。

別にアイツに未練があるわけではありませんよ。

ぶっちゃけ里親が見つかってからの2、3日は寂しくてめそめそ泣いていましたが。

さらにぶっちゃけると、ピンクには集客力があるんです。ピンクが登場する日はアクセス数1.6倍でした。仔猫のパワーはやっぱりすごい。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。