カリフォルニア生まれの猫 マックス

タキシードをお洒落に着崩すちょいワル猫のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
赤ちゃんだっこ
1477.jpg


げんきな男の子です!
にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト
Jetlag
1483redsofa.jpg


LAに戻ってきてから3日くらいで時差ぼけから復活したつもりでしたが、いまになって、1週間も経ったいまになって、再び時差ぼけのような症状に襲われております。日中は猛烈に眠いし、夜は眠れません。

そのせいで、マックスも少々時差ぼけ気味。

飼い主と一緒に夜中起きているので、朝遅くまで寝てて、朝ごはんをおねだりするタイミングを逃しちゃったりします。


にほんブログ村 猫ブログへ

再会のドラマ
1481snow.jpg
国境の長いトンネルを抜けると雪国であった、よ



マックスの待つLAに戻ってきました。

今回の帰国は、確定申告やら、歯医者さんやら、モチベーションのあがらない用事が主な目的だったのですが、帰ったみたら意外と楽しかったです。っていうのは、いつものパターンなのですが。

たべものは美味しいし、ユニクロではジーンズが3,900円で買えちゃうし、お役所の窓口もショップの店員さんも対応が丁寧、親切だし、日本はいいなぁと再確認してきました。


1479table.jpg


お留守番のマックスは、わたしたちが日本にいるあいだに、ホームステイ先のおねえさんに病院に連れて行ってもらい、無事抜糸完了。エリザベスカラーを外して、思う存分いおり&ぷく先輩と遊ぶことができたみたいです。(私信:のりこちゃん、サンクスです!)

うれしかったのが、マックスを迎えに行ったときの興奮ぶりがすごかったこと。

ホームステイ先のお家の前に駐車して車を降りると、道路に面した窓辺にマックスを発見(マックスはこの窓から外を眺めるのが好きだったそうです)。わたしたちの姿に気付いたようすだったので、「マックス!」と呼ぶと、「にゃ~~ぁ! にゃっ、にゃっ、にゃっ!」と、ま~あ啼く啼く。窓枠から下りたり上がったり、ものすごいはしゃぎぶりでした。

玄関に入ると、素早く駆け寄ってきて、わたしたちの足に頬をす~りすり。感情が高ぶっちゃったのか、「にゃっ、にゃっ!」と歓待のうたをうたいながら、同じ場所をグルグル回っていました。まるで犬のような熱烈歓迎でした。

どうしちゃったんでしょう、マックス?

飼い猫にここまで歓迎されるなんて、飼い主としてはうれしいかぎりですが、あんまり異常な行動をとると病院に連れてっちゃうぞ~。ええ、わたしは心配症なんで、なんかあったら即病院と思ってます。


1480.jpg



にほんブログ村 猫ブログへ
東京なう
飼い主たちは、東京

マックスは、ホームステイ@いおり&ぷく先輩のおうち

1476_homestay.jpg


屈辱のエリザベスカラー
1475cone.jpg


もう一週間まえのことですが、デンタル・トリートメントに行ったついでに、「たぶん皮脂のう胞。たぶん良性。」と言われていたカタマリを取りました。結果、やっぱり良性。

去年の夏から、右後ろ足の付け根にあって、ずっと様子を見ていたのですが、歯をきれいにするためにどっちみち眠らせるのだから、その間に取ってしまいましょうということになりました。

結果的には良性でよかったのですが、飼い主の懐は急激に寒くなり(当初予算の4倍。ひぇ~!)、マックスはエリザベスカラーを強要され、屈辱的な思いで日々を過ごしております。

飼い主は明後日から日本へ一時帰国するのですが、それまでに抜糸できるか心配です。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。