カリフォルニア生まれの猫 マックス

タキシードをお洒落に着崩すちょいワル猫のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
蔵出し画像フェスティバル 最終日!
本日はマックスとの出会いと現存する最古の写真を公開。


マックスとの出会いは、美容院での他愛もないおしゃべりがきっかけでした。

806.jpg
2004.6.16


美容師のおねえさんの住むアパートの敷地に迷子の猫がいて、里親を捜すために、チラシを作るのを手伝って欲しい、とのこと。可愛い猫なら自分で飼ったらいいのに、と言ったのですが、そのアパートはペット禁止で、飼いたくても飼えないそうなのです。その猫は数週間前からアパートの周りをうろついていて、夜ごと、玄関の扉をカリカリやっては、餌をねだっていたそうで、アパートの住人みんなが里親を捜してあげようとしていたのです。人なつっこいところや台所に食料があることを知っているところを見る限り、捨て猫か迷い猫のようです。

で、写真を撮るために、その晩、美容師さんの家にお邪魔することにしました。

猫に会いに行く途中の車のなかで、「飼い主が見つからなかったら、ぼくたちで飼っちゃおうか」なんて言い出したもうひとりの飼い主。

わたしは猛反対しました。猫は大好きだけど、飼う自信がなかったんです。ペットがいたら、きっと楽しいとは思うけれど、病気で苦しむ姿も目の当たりにしなきゃいけないし、なによりも、自分より寿命が短い! 最期を看取る自信もありません。だったら、最初からペットなんて欲しくないという考えでした。


807.jpg
2004.6.13


こどもの頃はペットが欲しくてよく駄々をこねていたものですが、そのたびに母が

「死んじゃったとき、もっのすごーく悲しいんだよぉ~」

と、自分の体験談を交えながらわたしを諭し続けました。それがじわりじわりとわたしのなかに浸透していったんですね、きっと。うちの母も大の猫好きで、昔はたくさん猫を飼っていたらしいのですが、きっといろいろあったんでしょうね。庭に野良猫が迷い込んできても、その可愛さに顔がほころびはするものの、無理して興味のないふりをしていたように思えます。わたしがあんまり長く猫と遊んでいると、「可愛がりすぎると、後でつらくなるよ」という警告までしてくる始末だったんです。


808.jpg
2004.6.13


そんなわけで、わたしはいままでペットというものを飼ったことがなかったし、大きくなってからも飼いたいと思ったこともなかったんです。

一方、もうひとりの飼い主は子供のころに犬を飼っていたりして、ペットに対しては前向き。そんな彼に「うちでは飼えないからねっ! 今日は会いにいくだけっ!」と念を押しつつ、迷い猫のいるアパートに着いたわけです。



そして、ドアを開けるとーー

「にゃあ~~~」

わたしたちを見上げる猫がいました。「ぎぇ~~、かわえぇ~~~」

やせ細った小さな猫が「早くごはん~」とおねえさんにまとわりついて歩いています。痩せてごつごつした背中がなんだか痛々しい。にゃーにゃーとからだの割に大きな声を出す猫でした。


809.jpg
(撮影日:2004年6月上旬 撮影:おねえさん)

この写真はそのとき撮ったものではありませんが、わたしたちが訪問したときも、こんな感じでもらった鯛をがっついていました。
この写真については以前、ここで触れています。


ごはんを食べ終わった猫は言いました。

810.jpg
「さーて、今夜も冷たい花壇で寝るとするか。それとも誰か泊めてくれる?」


すると、もうひとりの飼い主が言いました。
「猫さん、今夜はうちにお泊まりくださいな」

わたしは依然として猫を飼うことには反対でしたが、「う~ん、じゃあ今晩だけうちに来る?」と、この猫を連れて帰宅。

そして、一泊だけだったはずが、いつのまにかず~っとうちに泊まりつづけることになった猫がーー

811.jpg
(2004.6.10 - その翌朝) 「オレです」

マックスです。




812.jpg
(2004.6.10 - 翌晩)


そんなことがあって、いまに至るわけです。
もしマックスに自伝を書くことができたら、野良猫時代の生活に焦点を当ててもらいたいと思います。たぶん、腹が減っていたことしか覚えていないでしょうけれど。



あの頃のマックスに一票!
にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
そうですか・・大統領にそんな過去が・・
(´・ω・`)
ペットは先に逝ってしまう・・
そうなんですよね・・・
ものすごく悲しいんです。。。
でも一緒にいられずにはいられない・・・
一緒にいられる時間を濃くて大切なものにしたいです。
禅問答みたくなってきました^^;
2008/03/03(月) 21:44:59 | URL | shinako #mQop/nM.[ 編集]
ブログ村から来させていただきました☆

うちもノラ出身で、
「もらってほしい」の誘いを一度は断り、
でも結局つれて帰って来ちゃいました。

模様は違うものの、顔が似ているので
一目でマックス君のファンに!

マックス君、素敵な家族が出来てよかったね♪
2008/03/03(月) 22:22:46 | URL | ジル #-[ 編集]
感動~!!
そうだったんですね~。
最初は反対だったんですか・・・。
でも今は反対してたなんて全くわからないくらい
猫っ可愛がりですよね?(笑)
やっぱり会ったり見ちゃったりすると
どうしようもなくなっちゃいますよね。
それが大統領なら尚更です!!
しかし、大統領ったら
若いときから威風堂々としてたのね~(-^〇^-)
2008/03/04(火) 04:37:01 | URL | 影ハハ #wyPnW/yE[ 編集]
仔猫ほど大きな声で鳴きますよね。それだけ生きていくことに必死なんだと思うと泣けてきます。
大統領がunimogさんちに来ることになったいきさつ、興味深く読ませていただきました。
良かったねぇ、大統領♪

2008/03/04(火) 06:01:58 | URL | 黒ベエ #-[ 編集]
飼ってくれてありがとう !! (マックス君の代弁)
当時は痩せて足も汚れてて・・・
そんなマックス君をお二人共連れ帰って
くれたんですね!
本当に良かった。今じゃunimogさんの愛情
たっぷりって感じで、見ている私も心ホンワカ
です。
私からもありがとう!!
2008/03/04(火) 07:31:42 | URL | PAGO #-[ 編集]
そうだったんだ。
なんだかちょっとウルッときちゃう。
だって今日の写真、マックスくんの野良時代をほうふつとさせますよね。

unimogさんのその頃の気持ち、よくわかります。
でも、そういう思いをされていたからこそ、きっとマックスくんの猫生にも責任をもつ覚悟をされたのでしょうね。
マックスくん、よかったね、unomogさんたちと出会えて。

ミィの件、ありがとうございました!
これからも何かのときは、ぜひよろしくです♪(^^;)
2008/03/04(火) 14:42:32 | URL | がるまあ #-[ 編集]
・・・・うぅ(泣)

ガリガリだけど、凛々しい瞳には今の面影がありますね。
しかもたった1泊しただけで、男らしさが格段にアップしてる(笑)

マックス君がunimogさんのお家のこになれてホント良かった・・。
2008/03/04(火) 18:45:19 | URL | ワカ #-[ 編集]
>> shinako さま

そっか、shinakoさんにもすでにうちの母と同じ経験があるんでしたね。わたしは未だに先のことが怖くて堪らないのですが、今のこの幸福はそれも打ち消してくれるはずと信じています。


>> ジル さま

いらっしゃいませ。
ついにマックスにもファンがっ! ありがとうございます。ジルさんにもきっと思い出深い出会いがあったんでしょうね。いつかお話が聞けたらいいな。


>> 影ハハ さま

猫が大好きすぎるから、猛反対だったんです。猫は可愛いだけでいてほしくて。病気の姿とか見たくないっていう勝手な理由からです。ほんとに弱い人間なんです、わたしって……。でも、マックスを迎えたことに後悔はしていません。毎日ハッピーハッピーですもんっ!


>> 黒ベエ さま

そんなぁ~、泣かせるコメントはやめてくださいよぉ~。そうですね、あのときのマックスは生きることに必死だったんですね。本当にマックスを連れてきてよかったです。もう大声で鳴かなくてもいいのに、いまだにうるさいのはなぜでしょう?


>> PAGO さま

わたしたちが引き取らなくても、きっとやさしい里親さんが見つかったとは思うのですが、それでも、やっぱり、わたしたちのところがマックスにとっては一番よかったはず!と思ってます。だって、わたしの愛情をこんなに受けているんだもん笑。わたしもあのときの出会いに感謝してます。


>> がるまあ さま

わたしもあの頃のことを思い出すとウルッときちゃうので、泣かないように気をしめながら書きました笑。先のこともいまだに不安ですが、今がこんなにしあわせだからきっと乗り切れると信じています。
ミィちゃんのゲーゲーについては、わたしもいろんな方の意見が聞けて助かりました。また一つブログの力ってものを思い知りました。


>> ワカ さま

あ、ほんとだ。翌朝にはすっかり鋭い目つきに。マックスに愛嬌がないのは、ひょっとしてわたしたちの責任なのかなぁ笑。とにかく、わたしもマックスがうちの子になってくれて、本当によかったと思っています。当初はあれだけ反対していたっていうのに……笑。
2008/03/04(火) 22:06:57 | URL | unimog #tGjwZPto[ 編集]
ほんとだ…。今とにゃん相が違ってますね! 大統領と、そんな出会いがあったのですねえ。

読んでて、わたしのタビ猫との出会いを思い出し、目が洪水になりました…。

unimogさん、もしかしてポール・ギャリコの『猫の教科書』お好きでは? 猫が書いた家猫教則本です。どうしたわけか、この本のことを思い出しました。
2008/03/05(水) 08:31:57 | URL | アネ #9BPdTliE[ 編集]
>> アネ さま

みなさんそれぞれ思い出深い出会いがあるみたいですね。
amazonで『猫語の教科書』を検索してみました。表示に猫がタイプライターを打つ写真がのってて、思わずクスッと笑っちゃった。評価も高いので、購入決まりです! でも、ちょうど数日前にamazonで大量オーダーしたばかりなので、また数ヶ月待たないとなぁ。海外発送は高いのです……。
2008/03/05(水) 21:10:08 | URL | unimog #tGjwZPto[ 編集]
似てる!
5枚目のご飯の後のマックスくん、ゴルゴに似ててびっくり!
やっぱりどこかで血が繋がってるんじゃないかしら!!
そのうちゴルゴも今のマックスくんみたいに
余裕と貫禄がでてくるのかなー?
2008/03/07(金) 23:19:53 | URL | ドラママ #-[ 編集]
>> ドラママ さま

やっぱりゴルゴさんとマックスは親戚ですかね。マックスはサンディエゴ出身なのかなぁ。それとも、ゴルゴさんがWLA出身とか?
2008/03/09(日) 09:56:27 | URL | unimog #tGjwZPto[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。